• 子供は、赤ちゃんのころから「線や点」が進化してで表現することか
  • ら始まります。 人間の表現方法の原点です。絵を描く楽しさから
  • たくさんのことも学び成長します。 
  • 勉強で精一杯だわ・・・というお気持ちもわかりますが
  • 勉強が楽しくなるためにも絵を描く楽しさを忘れないことは大事な
  • ことなのです。これが子供のバランス
  • 絵を描くことで 物を観察したり、想像したり、集中したり アイデアが
  • 通信では、自分のあいた時間に、マイペースに進めていくことが出来ます
    添削期限がありません!➡添削期限が
  •         1年間に変更になりました!
  • 昔ながらのアナログで添削いたします。デジタル時代の中、手書きで
    お手紙を書くことがへりつつありますが、心を通わせる為にも手書きで
    お返事&郵送でお届けが基本。
  • 私はいつでも待っていますので、ご自宅で取り組んで楽しんでください。
  • 自宅で学ぶ おえかき通信教室  


 ■
入会するなら、いろいろなことを学ばせてあげたい! 
  テキストは
セット申込みがとってもお得です!「コース選択」
 (テキスト・添削料 消費税・送料が含まれています)

               
①テキストABC一括申込み9.000円 ➡7000円 
セットで1.100円もお得
(添削合計9回)
②テキストABセット申込み
6.000円➡4900円
セットで300円もお得
 (添削合計7回) 
③テキストACセット申込み 
6.700円➡5500円  
セットで 300円もお得
 (添削合計6回)
④テキストBCセット申込み
6.100円➡4900円
セットで 900円もお得
(添削合計5回)
  • ⑤テキストA  3800円➡2900円
    ⑥テキストB 
     
    3200円➡2300円    
    ⑤テキストC  3800円➡2900円

          
    申し込みフォーム


    ■テキストA ってどんなのかな?全36P添削4回

「絵を描きたいな~」って子供が言ったとき、やはり描きたいものは
デフォルメされた絵。かわいいまんがやテレビにでてくる絵、絵本のような絵。
かっこいい乗り物や虫など。でも、どうやってかくのかな~という時に役立つ
43種類の絵!まずは見てなぞりがきレッスン


  りんご うさぎ くるま ぶどう
  さる  ふね  バナナ  ライオン 
ひこうき パイン ブタ  チューリップ 
すいか いぬ  コスモス  いちご  
ネコ  ばら さくらんぼ  くま   
アイス   ケーキ  あひる 宇宙船
ホットケーキ  へび レーシングカー  
やぎ  ひつじ あざらしロボット さかな   新幹線 たこ カニ せみ ハムスター
 家  くわがたヨット  ライオン
 他
 ※デフォルメ →本物と分る範囲でかわいらしく描きかえたもの 















なぞりがきが終わったら、人の表情などを学習します
 あかちゃんや大人、子供、老人をかきわけます

人の体の動きや、横向きうしろ向きも、どうかいたらいいか練習できます  
 












 ←ページ順に提出する課題ページが出てきます! キリトリ線で切り離して、
提出しよう~先生のコメントが楽しみになり意欲も倍増します

      
申し込みフォーム



★とにかく「楽しんで絵を描く練習が出来ること」を一番に考え作られたテキストA
 でも、まんがっぽい絵ばかりでは物足りない・・という保護者の方のご意見もあって
きちんとまなぶテキストBもおすすめです
★一番初めに取り組みたい、Aはとにかく子供が真似したい絵からスタートするので、
意欲的に取り組めます
★見本をみて、グレー線の見本をなぞりがき練習・・そして見ながらまねして描いていく
 それでももっと練習するときは、お家にある紙にどんどん練習していきます
★色はあえてつけていませんなぜなら、子供の創造が大事で、イメージしてもらう為
見本に色が決まっていたら、子供の脳に焼き付いてしまい、自分なりの感覚で色を
選ぶ楽しさがなくなるから
★いっぱい描けたら だんだん上手になってきます。誰かに見せたくなるはず。
お家の方に見せてくれた時はほめてあげてくださいね。 「おかしい」「変だな」
「もっときれいにかいたら?」とか決して言わないでください
 提出課題は子供が頑張って練習した証、そしてまだ途中経過なんですよ。
 「え~こんなのを提出するの?」など言ってしまうと、「完璧にかけないといけないんだ」
と思い込み提出意欲をなくし、努力をしなくなります。
★なかなか提出課題を出そうとしない場合・・・ まずは、上の文章のお家の方の
声かけが間違ってなかったか思い返してね。 一度出してみれば、次への意欲が
わいてきます。絵を描く、テキストを取り組む習慣をつけられます。課題が帰ってくる
のが楽しみでわくわくします
★提出や郵送は必要ないと判断して、自宅で楽しむだけに使っている方もいます 
時間がある時、おでかけ時子供が暇になるときの為 など必ず提出しないといけないと
行くことはありません
★まだ理屈が難しいかと思われる小さいお子様には、絵本付きキャラクター設定中心の
お得なテキストCがおすすめ



■テキストB ってどんなのかな? 全25ページ 添削3回

なぞりがきで、いろいろな絵を描けるようになってきたら、ちょっとだけ本格的に
立体の描き方です。
奥行きがあることを知る立体の絵はご家庭にある箱で見ながらも学習できます












おうちにあるテイッシュの箱を、切って見ながら描くと、よくわかる。
専門的に難しく書いてないから、簡単に描き方をおぼえられます。
このテイッシュは第3段階 もっとこまかい説明から始まります。

他に手や足の描き方、体をうごかしたポーズの描き方、
好ましい構図が、テキスト内容になります。
子供も難しい~と感じる内容だから
ページ数を少なくしました。早く終えられるので意欲が続いてくれるはず

       
                          
テキストABCには、子供の大好きなぬりえのページが1枚あります


 

 ↑立体の絵の基本の描き方から学びます。最低限の説明しかかいていないので
大丈夫!また、↑構図のお話もかいていますよ


      
申し込みフォーム


★テキストBは、もっと写実的なことを楽しく学ぶテキストです。身近にあるもの
の形や奥行きを意識してみて立体に書く方法を練習しますテキストAと同じように、
なぞりがきしてから練習します。
テキストAが終わってから取り組むのが理想でますが、これだけをきちんとかける
ようになってみたいという方が、テキストBだけ購入する方も少しいます。
 勉強の合間に、また、図工の時間で習う前の予習に。
★提出課題があります。形を描くだけでなく、人の手や足、体の練習もあるので
 ぐっと、絵の奥行きがかわる成長段階に必須のテキストです
★小さいお子様でも、見るだけでも視覚的に形を覚えるようになるでしょう
★テキストBだけ買われる方は少ないですが、小学校高学年のお子様のために
お母様が買われる方がいますね。創造力が一番大事なこの時期には、
自分で創り出す力を養うためにテキストCをおすすめします!



■テキストC ってどんなのかな?全50ページ添削2回
ボーリューム万点の50PのテキストCでは、絵本「アイスクリームのたね」が
掲載されていますお話を読んで、さて続きを作ってみましょう~。という学習も
あります。Cでは、これまでテキストの絵を見てまねしたら良かったけど、
自分なりの発想やアイデアをどんどん文字や絵にして書き込む
おもしろいテキストなのです。イメージできる右脳を使って、楽しく取り組んで
欲しいと思います。もちろん、オールカラーでぬりえのページもあります。

シルエットからいろいろなものを
想像します。
答えはないので子供が見えたも
のが正解!その他に、形から
イメージされる絵をつくりだしてみたり。
自由発想が楽しいレッスン1.2


 レッスン3では、2コママンガのようなもの。
 次の展開を考える事に挑戦します
 ↓8種類の2コマがあります












えほん「アイスクリームのたね」一部省略しています   そして4コマまmmがでおなじみの
「ぱんにゃんとたっくん」からコマをばらしました.ふきだしのなかに、子供なりのセリフを
いれてみるお話レッスンです。なんと46コマあるよ










他には、4コマまんがを2段階を経て、 作っていきます将来は、マンガ家
になれるかも~最後に5種類の左のような、キャラクターに 性格を作って
いく学習です。これで、絵本やまんがに出てくる
「主人公」を作り出しストーリーが浮かんでくるようになります。 
いろいろ教えて!そして名前を
つけてあげてね。最後の添削はオリジナルキャラクター作りです









      
申し込みフォーム


★絵がかけるようになってきたら、次は、お話の世界へはいっていきます.子
供は言葉が話せないときでも、見たものを動かすことが出来ます
頭の中で対象物を動かし、ストーリーを作ることは誰でも出来るんです。
 でも、そこで表現するきっかけがなければ、左脳が発達すると共に
右脳で考えるイメージ力は衰えていくもの・・.小さい頃に、たくさんの
絵本を読み、自分なりのイメージ、発想力を磨きましょう
 そのきっかけにぴったりな、
テキストCです。
★ お話の展開を考えてみます。どんな答えを描き始めても、
お家の方はマイナスコメントをしないでください!子供の考えたことが
こたえです。それが正解です。創造力の成長段階の途中で
「おかしいわ~」「へたくそだな~」など言ってしまうと一生心に
「恥ずかしい」が埋め込まれて、絵が嫌いになってしまう可能性もあるんです
★何度も読めるので、おでかけに持っていってどんどん書き込んでくださいね